読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わったさんのチョベリグLIFE

家族の時間や好きな事などをのんびりと書いていきますね〜♪

ぶつき米のいいところ

f:id:wattasan:20170321214533j:image

どうも、わったさんです。

 

みなさん、ぶつき米って知ってますか?

 

あまり聞きなれない名前なんじゃないでしょうか。

 

みなさんが普段食べているお米はだいたいが白米だと思いますが、お米にも精米の方法によって栄養価が大きく変わってくるって知ってましたか?

 

白米は玄米のヌカ部分をほとんど取り除いたもので、栄養価は玄米に比べるとかなり少なくなってしまいます。

 

逆に玄米は栄養価や食物繊維もたっぷりで健康にはもってこいの食材ですがボソボソして食べにくく、消化吸収がよくないので胃腸の弱い人はなかなか合わないかもしれませんね。

 

そこでオススメしたいのが「ぶつき米」です!

 

ぶつき米とは精米によって玄米のヌカ部分の一部を取り除いたお米です。

その精米の度合いによって1分づき、3分づき、5分づき7分づきに分けられます。

数字が大きくなるにつれて白米に近づいていくんですね。

 

それではどんな違いがあるか見ていきましょう。

 

 

・玄米

 玄米は精米をしてないお米ですね。

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で栄養価は非常に高いです。

特に食物繊維は白米の5〜6倍あるそうです。

しかし、先ほども書きましたがボソボソして食べにくく、消化吸収がよくないので所がマイナスポイントですね。

 

・1分づき

玄米に少しキズ入れて水分の吸収をしやすくした状態です。

栄養価は玄米と変わりません。

 

・3分づき

 玄米からヌカ部分と胚芽を30%取り除いた状態です。

 栄養価はほとんど残っていますが、まだまだ食べにくく、よく噛む必要があります。

こちらも胃腸の弱い人は合わないかもしれませんね。

まだまだ茶色さがだいぶ残ってますね。

 

・5分づき

玄米からヌカ部分と胚芽を50%取り除いた状態です。

 白米と比べるとビタミンは2倍以上、食物繊維も2倍ほど含まれていて、玄米に比べるとだいぶ食べやすくなっています。

ダイエット中の人や健康志向の人にオススメですよ。

 

・7分づき

玄米からヌカ部分と胚芽を70%取り除いた状態です。

 白米に比べると少し硬さも残っていますがあまり気にならない程度だと思うので食べやすいです。

色も白米とあまり変わらないですよ。

栄養も白米よりは残っていますのでぶつき米に初めて食べる人は7分づきから始めるといいですね。

 

 

・白米

玄米を完全に精米した状態です。

 栄養価は低くなってしまいますが、味も食感もバツグンによくなりますね。

 

我が家では1分づきと7分づきを1:1で混ぜて炊いています。

幼稚園児でも普通に食べれるのでそこまで食べにくいなんて事はないと思いますよ。

 

 

お米はほぼ毎日食べるので栄養価の高いぶつき米は美容や健康を気にしている人にはかなりオススメですよ。